シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

「うたごえサークルまきば」 主宰は健康管理士一般指導員!

取材日 2017年01月05日(木)

「10周年記念歌声パーティー」(写真はすべて会提供)

「10周年記念歌声パーティー」(写真はすべて会提供)

新城中央会館での定例歌声集会

新城中央会館での定例歌声集会

被災地における初めての歌声演奏

被災地における初めての歌声演奏

  シニアの皆様、最近おなかの底から声を出して大声で歌う機会はありましたか。
  若かりし頃、仲間と連れ立って歌声喫茶に行った経験はありませんか。
  静かなブーム「うたごえサークルまきば」の歌声集会に参加してみよう!

「健やかフィールドまきば会」
の活動の一つが「うたごえサークルまきば」だ。この団体の活動は多岐にわたる。歌声集会・健康講座・自然観察・施設訪問・被災地慰問等。市民の健康意識を高め、体力と情緒の向上を活動の目的としている。
 2016年2月には10周年記念歌声パーティーを開催した。100名を超す盛会となった。

増田義昭代表に会発足の経緯を聞いた

 増田氏は臨床検査技師の経験を生かし、2006年に健康管理士一般指導員の資格を取得。当初は健康管理士として単独講演会を開催するも、人が集まらず活動不能の状態だった。
 多摩市民館における、新宿ともしび「歌声喫茶」公演をヒントに、現在の内容に落ち着いた。「うたごえ」の中に「健康よもやま話」を織り交ぜ、「歌声喫茶」と健康講演会を調和させて進行するプログラムだ。より多くの人に健康的な生活を送るための情報を届け、共に行動を起こすことを目的とした。

 健康管理士一般指導員としてはNPO法人神奈川県健康管理士会に所属し、全県一体の活動をしている。横浜・川崎・相模原・厚木の4市に拠点があり、各地のイベントに会を挙げて応援体制をとる。

 現会員数は約80名。男女比はほぼ2対8、年代別は60・70代が多数
 随時会員募集中!  年会費1000円(ボランティア保険含む)、次年度より500円 
                   参加費 会員 500円、一般参加者 700円 
 
活動日時・場所(定例会は月2回)
第1火曜日13:00~15:30 新城中央会館:南武線武蔵新城駅徒歩1分
第3水曜日18:00~20:00 高津市民館(変更もあり):JR武蔵溝ノ口駅・東急溝の口駅徒歩2分

「健やかフィールドまきば会」 HP
http://kawasaki.genki365.net/gnkk09/mypage/index.php?gid=G0001289 

 かわさき市民活動センター : 「武蔵小杉」駅北改札(南武線口)東口より徒歩3分
斉藤 多喜子
シニアリポーターの感想

 年齢が進むにつれて声のトーンが低くなり、大きい声も出しづらくなってきたように思います。
 以前「健やかフィールドまきば会」のステージを見せていただく機会がありましたが、歌い慣れていないとスムーズに声が出せず、歌詞もうろ覚えだったりで残念な思いをしました。
 2月の定例会に参加させていただくことを、今から楽しみにしています。

訪問者数訪問者数:289
評価数9 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る