シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

多様な人たちが一緒に暮らせる街づくり

取材日 2017年10月13日(金)

 川崎市健康福祉局とNPO法人かわさき創造プロジェクトが主催する、第9回シニアライフ講演会が開催される。 川崎市シニアパワーアップ推進事業の一環として、シニアの生涯現役に関する、講演会およびシニア関連団体の紹介や情報交換を目的とし、参加者を募集している。

◇内 容
〈第1部〉
神奈川大学特別招聘教授で元宮城県知事、「浅野史郎氏」の講演
「多様な人たちが一緒に暮らせる街づくり」をテーマに、氏のライフワークで もある障害福祉と、自らの闘病生活の経験などを交え、「運命を生きる。人生における様々な出会い。」について話す。
〈第2部〉
・NPO法人およびシニア関連団体の活動紹介
・講師からのメッセージ
・講師著書の抽選による進呈
〈その他〉 同時開催として、関連団体のブース展示による紹介

◇開催日時 2017年11月26日(日)
第1部 午後1時~午後3時
第2部 午後3時~午後4時45分
ブース展示 12時~

◇会 場  新百合トウエンティワンホール
*アクセス 小田急線新百合ヶ丘駅北口を出て徒歩2分、「新百合21ビル」地下2階

◇申込方法( 応募条件  川崎市内在住の40歳以上)
・往復はがきに、次の項目を明記し下記宛先まで送付(5名まで列記可)
①シニアライフ講演会受講希望 ②代表者および他参加者の氏名  ③住所 ④電話番号
・送り先 〒210-8577 川崎区宮本町 1番地
川崎市健康福祉局 長寿社会部 高齢者在宅サービス課
TEL:200-2620  FAX:200-3926
・申込締切 10月31日(必着) 定員を超えた場合は抽選
(結果は代表者に、はがきで通知)

*浅野史郎氏略歴
1948年生まれ、神奈川大学特別招聘教授、仙台市出身。東京大学法学部卒業後、厚生省(現厚生労働省)入省。93年11月宮城県知事に当選。05年11月まで、3期12年務める。06年慶応大学総合政策学部教授。09年5月ATL(成人T細胞白血病)を発症し、大学を休職。その後、骨髄移植を受け、病気から回復、11年慶応大学に復帰。13年慶応大学を定年退職、13年4月から現職。

著書 
「疾走12年 アサノ知事の改革白書」岩波書店
「運命を生きる~闘病が開けた人生の扉~」岩波ブックレット
「輝くいのちの伴走者」浅野史郎対話集 ぶどう社         ほか
新百合トウエンティワンホー
松井 洋一
シニアリポーターの感想

  講演の依頼と内容の打ち合わせで、横浜市にある浅野氏宅を訪問した。長い闘病生活による氏の健康状態を心配していたが、お会いして元気でハリのある声を聞いた途端、心配は吹き飛んでしまった。社会問題にもなっている、多様性の共存について、氏の切り口で話してもらうのを楽しみにしている。また、氏の経験や体験を通した、エピソードなども期待したい。

訪問者数訪問者数:84
評価数4 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る